2010年06月20日

Alpari(UK) には目に見えないスプレッドが存在する。

Alpari(UK) には目に見えないスプレッドが存在する。

日本語サポートも良く、振込み金の反映、出金の速さなど、非常に良い Alpari(UK) ですが、先日 2chを見ていたら、”Alpari には目に見えないスプレッドが存在するんだよ”との書き込みを見ました。 ..

んっ?どういう意味?

と思っていましたが..先日、んっ?これかなっ という物を見つけました。

久しぶりに友人と飲みに行ったせいか、帰って来てすぐ寝入ってしまいました。ふと、気が付くと夜中の4時です。PCを見ると朝スキャが始まっています。なんとなく見ていたのですが、

えっ 何 、今の...

その画面を再現して見ます。 ペアは EURCHF 15分足です。

WS0.gif
Alpari(UK) EURCHF 15分足 6月17日 日本時間 朝6:30頃の様子
(画像をクリックして見て下さい)

画面の真ん中の緑の線は日本時間、朝4時を示します。ですから、時間は6時30分頃ですね。
3ポジ勝った後、4ポジ目を決済せんとしている所です。見ていれば分かりますが、スプレッドが
102(10.2Pips) 86(8.6Pips) 32(3.2Pips) と変化します。
スプレッド10.2Pipsでは Ask-Bid の幅がなんと全体のボラの幅とほぼ同じです。これでは決済のしようがありません。しかも端の決済されるべき所で10.2Pipsになっています。
結局、この状態では決済も売り買いも行われず、朝がた遅くなってから決済されました。本来ならばもう1−2ポジ決済されたはずです。
可変スプレッドだから出来る芸当ですが、可変スプレッド業者はどこも似た様なものでしょう。
ただ、Alpariはその中でも比較的ましだと聞いていたのですが..。
3倍以上の可変幅に、一寸、酷いなっと思っています。
可変スプレッド、相対取引だから、しかたないといえばそれまでなのですが、..

みなさんどう思いますか?

posted by 2chの人 at 17:13| Comment(4) | MT4 最適業者は何処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

2010年 損益自動計算EA + 損益表(番外)

2010年用の損益自動計算EAと損益表 番外

リクエストにより、一日のデータを書き出す Check EA Magic by 2ch (Ver0.2).ex4です。
ソースはこれ。
以前の物に 
StartDay (処理を始める日 ← 秒単位)
EndDay (処理を終わる日 ← 秒単位)
を計算して処理しているだけです。
OneDay = True にすると一日分を計算します。
肝の部分だけ簡単に説明して置きます。

// For One Day, Set StartDay & EndDay

___if(OneDay){

______int Yesterday = TimeCurrent() / (24 * 60 * 60) - 1;
______StartDay = Yesterday * 24 * 60 * 60;

______if(TimeDayOfWeek(StartDay) == 6) StartDay = StartDay - 24 * 60 * 60;

______EndDay = StartDay + 24 * 60 * 60;
___}

TimeCurrent() は現在のサーバーの時間をゲットします。
で、これを 24(時間)x 60(分)x 60(秒) つまり、一日の秒数で割ると 1970/01/01 からの日数がでます。
この時、datetime型を整数で割っているので、 少数点以下は切り捨てられて整数になります。
datetime 型は計算の時は int 型だと思えば良いと思います。
これで、本日までの日数がでるのですが、昨日は一日前なので、それより一日引きます。
24 * 60 * 60 を乗じて、1970/01/01から昨日の 0時0分0秒までの時間を秒単位で求めます。
これを StarDay とします。
EndDay はこれに単に一日分足しているのですが、ここで TimeDayOfWeek(datetime) を使っています。これは曜日を求める関数なのですが、ここでは 6 すなわち 土曜日ならば さらに一日 前に設定しています。これは、土曜日に計算しないと思って入れてあるのですが、このあたり、金 土 日 月 をどうするかは実際の場合と相談してください。 ここでは例として土曜日だけ特別扱いにしています。
まあ、こんな感じで作っていけば良いかと思います。

posted by 2chの人 at 23:16| Comment(0) | MT4 EAを使おうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

夏時間・冬時間・サーバータイム(2)

サーバータイムを知るには、これ

昨日の”はやぶさ”みましたか。ニコニコ動画で実況中継をやっていたので
見ようと繋いでみたのですが、結局つながったら実況終わる所でした。

世界初の快挙・・・すばらしい。イカロスも楽しみだし。

でも、NHKなんかは 村田蓮舫 (通称 蓮舫(42)の本名)おばちゃんに遠慮してか
朝方にちょこっとニュースでやっただけみたい。
5位を目指してる(中選挙区で5位以内に入れば、また議員をやる)人に世界一の
技術が仕分けされちゃう、なんとも嫌な時代になりました。
この前の選挙で民主に入れたのは失敗だったかも。

まあ、それは置いといて....。
サーバータイムを知るインジケータを手にいれてきました。

GMT-offset.ex4 (そのままですね(^^;) ソースも

使い使い方は簡単、普通のインジケータの様に ..\expert\indicators の下に入れて
お使い下さい。
右上に Local time Server time のGMT offset が表示されます。
ちなみに、今は夏時間ですので、冬時間のある所はこれから−1します。
(2010年用の損益自動計算EA)に入れる時間は−1して下さい。
以下いくつか例を表示します。

AlpariUK.jpg
AlpariUK サーバータイムの夏時間(冬時間は GMT+1)

Forex.comJ.jpg
Forex.com(日本) 4月10日から日本時間 GMT+9になった。冬時間・夏時間はない

FXDD.jpg
FXDD マルタにあっても時間は GMT+3らしい 当然、冬時間はGMT+2になる。


ソースを見れば分かりますが、Local Time Zone は使っているPCの時計から読んでいます。
という事は例えば英国にあるVPSを使えば当然、違う値になります。
蛇足ですが、殆どの方がご存知だと思いますが、WinXpはネットにさえ繋がっていれば
自動的に時間調整します。(たしか一週間に一回程度時計サーバーにつないで調整した気が...)
posted by 2chの人 at 22:18| Comment(0) | MT4 EAを使おうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

日本のブローカーはもう使えないですね。

【重要事項】FOREX.comレバレッジ変更のお知らせ

なんてタイトルメールが Forex.com(Japan)から来ました。

8月1日からレバレッジの上限が変更されます。

...中略

平成22年8月1日からレバレッジの上限が50倍に制限されます
(経過措置として1年間は取引額の2%(50倍))
平成23年8月1日以後は証拠金率が4%(25倍)になります。

との事、まあ もう、まったく使えないですね。
こういう措置を ”角を矯めて牛を殺す” と言うのでしょう。
日本のFX会社は滅ぶのでは思っているのは私だけでしょうか。

昨年は少しは日本のFX会社で利益がでましたが、これで日本からは完全撤退です。

8月までには、全額出金して、海外へ....。

posted by 2chの人 at 01:15| Comment(0) | MT4 最適業者は何処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。