2010年09月16日

メンテナンスの有る業者って どう・・。Forex.com UK 使えないかも。

定期メンテナンス(毎日メンテナンス)を行っている業者か否か

本日の日銀の介入、すごいですね。まだ円安、続いていますね。

さて、そんな事は置いといて 新たなブローカーを探しています。
最初からキャッシュバックも申し込む必要のあるブローカーも多いので、色々調べています。

日本は海外としては良いお客らしく、最近は日本語のホームページも良く見かけます。

Forex.com UK の日本語ページ を端から端まで読んで見ました。

取引可能時間は何時から何時までですか?
FOREX.com UKでは、ロンドン標準時日曜午後10時から金曜午後 10時 まで、毎日24時間取引が可能です。 休日やサマータイム適用期間中は、取引可能時間が異なる場合があります。特に明記されていない限り、ロンドン標準時で表示されています。

ふむふむ、 ん・・・・。これは何。

MetaTrader取引システムを利用できない時間帯はありますか?
MetaTrader取引システムは、定期メンテナンスのため、米国東部標準時間午前0時から約20分間オフラインとなります。この期間は、ライブ口座やデモ口座にアクセスすることができませんのであらかじめご了承ください。


なに〜。アクセスできない時間があるの こりゃ〜酷い。

米国東部標準時間午前0時から約20分間って一体、日本時間の何時・・・・。

どうやら、ニューヨーク時間の事の様です。0時というと日本時間で昼の12時前後ですね。
う〜ん。微妙ですが、そもそもメンテナンスでメタトレーダーが止まる事が異常です。

ブローカーとしては失格ですね。

事前連絡もなく、毎日 やるのなら、ブローカーとしては、まったく使えないと言って良いでしょう。
問い合わせてみます。


Sawadyさんの情報によると、どうやらホームページの間違いだった様ですね。
すでに、修正されて、項目その物がなくなっています。
なんで、そんな間違いが起こったかわかりませんが、全く使えない業者ではない様です。
Forex.com は証拠金倍率が少し低かった様な気がしますが、出金トラブル等は聞いた事がありませんので、どうやら 優良 ブローカーかもしれません。
(まあ、日本語ホームページにで飛んでもない情報を載せるのも あれ かもしれませんが...)

ひょっとして、最近は他のブローカーもメンテナンスするのかな。
そう言えば、121とかアジア時間にやって、スキャルを邪魔するとか言って怒っている人がいたな。
そう言うのは論外として 一寸 前までは、まあまあ使えると思っていた、Forex.com ジャパン 調べました。

有った、有った、有りました。

メンテナンスは取引時間におこなわれますか?
MT4(メタトレーダー4)取引システムは火曜日から金曜日の午前7時30分から午前7時45分(米国夏時間は午前6時30分から午前6時45分)までシステムメンテナンスを行っております。この時間帯での注文は通常通り行うことができない場合がありますのでご了承ください。また、緊急時または重大な変更の際には取引時間内に行われる場合があります。

メンテナンスの日時等は事前に連絡してくれますか?
はい、メンテナンスを行う場合は事前にHP等で告知いたします。

ん〜。なんだか、質問が良くわかりません。
メンテナンスは朝スキャの時間帯に行われるみたいですね。(最低ですね)
でも、毎日、やる訳ではなく、事前に知らせるのかな(まあ、それなら許せますが)
まあ、この辺り、メールで聞いてみる必要があります。
でも、日本のブローカーは証拠金50倍の時点でもう使えないので、どうでもいいや。

Alpari UK も調べました。(日本語ページで) でも、何も見つかりません。

どうやら、FXのリスクの中に

定期メンテナンス(毎日メンテナンス)を行っている業者か否か

なんて項目も加える必要があるみたいですね。
posted by 2chの人 at 00:30| Comment(9) | MT4 最適業者は何処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

さらにお得にキャッシュバック (1)

キャシュバックサービスを考えてみます。

キャシュバックサービスとは、登録するだけでキャッシュバックがもらえるサービスです。
・・・・・なにそれ。 絶対、あやしい。

以下、FXでリベンジ!! の gwd さんのページから引用(と言うか盗用だったりして(^^;;)
 
<キャッシュバックサービスとは>
FX取引業者を紹介する仲介業者はIB(Introducing Broker)と呼ばれ、スプレッドや手数料収入の一部を報酬として受け取っています。キャッシュバックサービスとは、IBがこの報酬の一部を顧客に還元してくれる画期的なサービスです。対象は海外口座です。
このキャッシュバックサービスは通常売買用の口座でも適用可能な場合があったりしますので、裁量トレーダーもサービス対象とのことです。


と、之で仕組みが判る人は相当、勘の良い人で、私などはどういう仕組みか全然わかりませんでした。
これは、結果(キャッシュバック業者に登録すると キャッシュバックが受けられる)から考えているから判らないのです。

世の中の通常の取引に当てはめて考えれば、わかります。
まず、FX会社は とにかく会員を集めなければビジネスが成り立ちません。
その為に広告を打つ訳ですがそれ以外に仲介業者も使います。
仲介業者は仲介を行う事により、FX会社からなんらかの報酬を受け取ります。
例えば、一人当たり照会するといくらとかです。
良く EA を只で配る代わりにFX口座を開いて下さい、なんて話がありますが、これは仲介料をFX会社からもらっているのです。(つまりEAは只ではないのですね (^0^))
同様に仲介された人が実際に取引した時の 手数料=スプレッド等 の一部を仲介会社に渡すというタイプの広告支払い=リベートもある様です。
で、通常はこのリベートは仲介会社の利益になり、その代わりその仲介会社がさまざまなサービスをする(よくある日本語翻訳とか 海外会社なのに日本語で申し込めると...)という事になるのですが、
そのサービスの一つとしてキャッシュバックが有ると考えるとわかりやすいと思います。
手数料を割引 のサービスです。
例えば 今日、現在では Alpari UK はこの仲介業者に 1lot 取引あたり 0.4pip のリベートを払っています。(つまり 1lot x 0.4pips に相当するドル(ドル建ての場合))
その内、業者はキャッシュバックとして 0.24 から 0.28 pipsを 個人に戻してくれるのです。
キャッシュバック率は ブローカー と キャッシュバック業者によって異なります。

ユーザーを集めてくれた仲介業者にリベートを払うのはビジネスとして当然です。
また、仲介業者がユーザーを集める手段としてキャッシュバックをするのも良くわかります。
しかし、そうなるとキャッシュバック仲介業者を通じて申し込んだ人はお金がもらえて、
直接ブローカーに申し込んだ人はもらえない事になります。
で、ブローカーによっては 後から この仲介業者を登録してももらえる様にしている所があります。
例えば Alpari Uk です。
で、結果だけみると、登録するだけで、キャシュバックがもらえる
....なにそれ? となる訳です。
但し、基本はあくまで、仲介業者がユーザーを集める手段ですので、最初から仲介業者を通じて口座を開かないとキャッシュバックしない業者がメインです。

所で、このキャッシュバックの源泉はなにかと言うと私達が取引の際に払っているスプレッドなのです。

このスプレッドが仲介業者を通じた場合は大きく、直接、申し込んだ場合は小さい

・・・・なんて話は聞いた事がありません。 同じです。・・多分。

ならば、キャッシュバックを受けなければ損。それも率の大きい所から。

で、やっと本題です。

さらにお得にキャッシュバック (2) に続きます。

posted by 2chの人 at 21:51| Comment(2) | MT4 EAを使おうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらにお得にキャッシュバック (2)

さて、お得にキャッシュバックを受けるには、信用できて、率の良い業者が必要です。
ネット上で良く見かけるのは 次の 2つの業者でしょう。
それぞれ、少しコメントしておきます。
ちなみに、この記事にアフィリエイトは一切ありません。
リンク先から、申し込んで頂ければ良いかと。、

468x60cbf.jpg
cashbackforex 業者としては老舗、Alpari 0.25pips / lots その他も標準的だが
一時 Alpari のキャッシュバックが極端に悪くなった。
貢献度が少ないと Alpari からリベートを減らされ、減分をすべてユーザーにかぶせた為。
ユーザーから Alpari へ抗議が行き、Alpariがリベート率を発表。
その結果、減らした分をすべてユーザーに被せているのが判明して、あわてて 少し戻した。
現状では普通であるが、この事件から個人的には良い印象がない。


5012a910483ee8cc5ee624e1ad590e11.png
前述の"Alpari事件"もあり、一時、新たなキャッシュバック業者探しが流行った事がある。
割と評判の良い業者である。


さて、第三の業者として 前述の gwd さんが Aslan Group を紹介しておられます。
で、この業者はまだ、ホームページがないらしいのです。
でも、率は非常に良いのです。
例えば Alpari UK だと 0.25 pips/Lot (cashbackforex) → 0.28 pips/Lot (Aslan Group)になります。
その他 詳しくは リンク先をお読み下さい。gwdさんが解説されています。
詳しい、レートや 対応業者 や 申し込み方が載っています。
t02200164_0800059810565599367.jpg
The Aslan Group gwdさん お勧めの業者。
扱っているブローカーが少ないが、頼むと扱ってくれる可能性があるらしい。
gwdさんに相談してみよう。扱っている業者のキャッシュバック率は高い。
あと、ポリーシーで扱えない業者がはっきりしている。このあたり、かなり良い印象である。

正直に言うと、ホームページが無い事で少し心配です。
しかし、余計な費用をかけない分、キャッシュバック率を上げているとも考えられます。
簡単に業者を変えられる分、業者も誠実な対応でユーザーを捕まえる努力をするはずです。
まあ、とにかく試してみるのも一興です。

で、現在 Alpari UK Forex.com UK を The Aslan Groupで申し込み中です。
うまくいけば、続報いたします。

posted by 2chの人 at 21:51| Comment(5) | MT4 EAを使おうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。