2009年08月10日

メタトレーダーで EA を使おうよ (008)

・SWVPS再起動対策実施

です。 VPSは再起動対策が必要です。

MT4 は現在の状態をハードディスクに記録しており、EAを止めたあと(強制終了もおなじ)また、起動するとこれを読みだして事前の状態にもどります。(つまりEAなどの取引を再開する)
また、大抵のEAは再起動時に現在の取引をもとに状態を復元する様につくられています。
したがってリセット後には 事前に動いていた MT4 を再起動するだけでもとの状態に自動的にもどります。

そこで、あほすけのFX売買記録:【SWVPS】 VPS : 再起動対策実施 を参考に致しました。

VPS Guide for MT4 (Ver 1.1)

を眺めてみて下さい。

このガイドは
1. purchase a suitable Windows VPS for running MT4.
2. set up a shortcut to access your VPS in console mode.
3. configure your VPS to automatically log in using the administrator's account after a restart.
4. configure your MT4 software to start automatically when Windows starts up.
5. configure your VPS to restart on a fixed schedule to keep it running healthy.
6. disconnecting from your VPS and securing it.
Page

の章立てになっていますが、今回関係があるのは

3. configure your VPS to automatically log in using the administrator's account after a restart.
4. configure your MT4 software to start automatically when Windows starts up.

になります。他の所も参考になりますので、暇な時にでも目を通しましょう。

3. あなたのVPSにリセット後に administrator アカウントを使って自動でログインしましょ。
4. そんでもって Windows がスタートアップする時に MT4 を自動的に動かしましょう。

まず、9ページ
3. Configure your VPS to log in automatically using your administrator's account
から読んで下さい。
レジスト書き換えファイルをダウンロードて実行すると
(SWVPS上でやる事、書き直すのはSWVPSのレジストリです)

My Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon の下に
enter administrator password here
が出来るので、これを自分のパスワードに書き直すという訳です。

注意:何が書いてあるか分からない人は Windows システムについて理解が足りません。
危険ですので、良く分かった人に相談しましょう。
女性の方、あの人に近づく良いチャンスかも(^0^)


できましたら、一度、Parallels Power Panelを使ってリセットしてみて下さい。 リセット後に Windows の画面に入っていれば正解です。

警告画面.jpg
警告画面は単なる警告だけで必ずでる見たいです。
EAの動作には影響ないみたい。

次は、Windowsに入った時に自動的にEAを動かします。
13ページ
4. Configure your MT4 software to start automatically when Windows starts up
を読んでみましょう。 要は、start.cmd なるテキストファイルを作って、ここに実行命令を書いておいて、

C:\Documents and Settings\Administrator\Start Menu\Programs\Startup

の下に入れて置けば自動で実行されるという訳です。
で、問題はその start.cmd の内容ですが、ガイドの例では

ping localhost -n 30
start "1" "C:\Program Files\Interbank FX Trader 4\terminal.exe"
exit

となっています。私なりに(すべての命令が詳しく分かっている訳ではありませんので、あくまで適当に私なりに...(^0^))
この命令を解釈しておきます。

ping localhost -n 30 ← ローカルホスト(つまり自分自身)にピング(お〜い 生きてるか命令)を一秒毎に n回=30 送る
結果でなんかする訳ではないので、単に30秒数えるだけになります。

start "1" "C:\Program Files\Interbank FX Trader 4\terminal.exe"

"1" というウィンドウを C:\Program Files\Interbank FX Trader 4\terminal.exe プログラムで開く。
つまりこれが MT4の実行になります。
で、この場合はフォルダは\Program Files\Interbank FX Trader 4\
になります。ですから、この部分のフォルダを書き直してやる事により
各自のシステムにアレンジが可能です。
また、2個以上 MT4を開いている人は以下の様にすれば可能です。
(取り合えず今回、私は2個 開いています)

exit ← おわり、ばいばい。

2個以上 MT4 を開く人は以下の様に start.cmd を作りましょう。

ping localhost -n 30
start "1" "C:\Program Files\一個目のフォルダ\terminal.exe"
start "2" "C:\Program Files\二個目のフォルダ\terminal.exe"
start "3" "C:\Program Files\三個目のフォルダ\terminal.exe"
・・・・・・
start "n" "C:\Program Files\n個目のフォルダ\terminal.exe"
exit

と是でうまく行くはずです。少なくても2個まではOKです。(^0^)

このシステムを使う時に気をつける事があります。

start.cmd はリセット時の状態を復元するコマンドではありません。
あくまで、MT4 をN個 実行するコマンドです。ですから、たとえリセット前に MT4自身を終わっていても、リセット後は MT4 が終わる寸前の状態で実行されるのです。


何を言っているかと言うと、例えば取引を終わろうとして EA を止めてから MT4 を止めないと、EAが取引中の状態なのに MT4 を終わる事により、取引を終了すると、リセット後に EAが取引中の状態が再現されてしまい、取引を始めてしまうと言う事です。
逆に言うとそれを利用して強制リセットされた時でも、事前の状態を復元します。

特に週末などに自動的に取引停止をする機能のないEA(例えば龍球君とか...(^0^))はチャンとメンテナンスが必要です。



ラベル:SWVPS
posted by 2chの人 at 20:00| Comment(0) | MT4 EAを使おうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。