2010年05月31日

夏時間・冬時間・サーバータイム(1)

夏時間・冬時間・サーバータイム

一寸、夏時間・冬時間・サーバータイムについて考えてみます。
トレードをしていると、海外との時差について考える必要があります。
特に、スキャル系のEAは ”早朝スキャル”と呼ばれるくらいで、日本時間の朝方早くに動かす物
がおおいですよね。セットする時にいつも日本時間との差を考えないといけません。
日本時間は GMT+9 と表示されグリニッジ標準時間 GMT に9時間足したものです。と言われもなんとなくわからないですよね。
画を見ながら、考えます。

全世界の時間(時差)情報

で日本にカーソルを当てたり、ヨーロッパにカーソルを当てたりすると分かります。
例えば日本が5月31日朝7時だとするとイギリスは8時間前5月30日の夜23時ですよね。
(ただし今は夏時間なので8時間だか冬時間では9時間前)
ここで、注目なのは同じ8時間のずれでも前の日であり、16時間後の本日の23時ではない
と言う事です。
実は、メタとレーダの時間は1970年1月1日を0として以降、秒単位で計算されています。
つまり、正確に±を計算すると秒単位で日にちまで計算できます。

一日は太平洋の真ん中にある日付け変更線(GMT+12)から始まるのです。
東から徐々に日が開ける様を考えて下さい。日本が朝がた日があける頃、ヨーロッパは
まだ、まだ夜中なのです。
冬時間の場合は 日本(GMT+9)の0時から23時のタイミングはイギリス・ロンドン(GMT+0)では
0−9=15時(まえの日)から23−9=14時(その日)なのです。
所で、アルパリ(UK)などのサーバーはロンドンにあるはずなのにGMT+1に設定されています。
これは、多分 ヨーロッパの中心あたりの時間(例えばバリ)に設定されているからです。
したがって、GMT+1に設定されているサーバーの時間から日本の同じタイミングの日本時間にするには(GMT+1+8)、つまり8時間加算してあげれば
良い事になります。これは冬時間の場合なので、夏時間の場合はGMT+2になりますので、
日本時間にするには+8した後に−1すれば良い事がわかります。
この計算で一日の時間だけではなく、日の計算も正しくできます。

さて、今度は夏時間と冬時間について考えてみましょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/夏時間

によると、3月最終日曜日午前1時〜10月最終日曜日午前1時(UTC基準)が夏時間になります。
これは、今年で言うと、3月28日(日)と10月31日(日)になります。
で、実際は詳しく時間まで考慮しなければいけないのですが、メタとレーダーの場合は日にちだけ合わせれば十分な事が多いです。なぜならば両方とも日曜日の早朝で、その前後は取引がないからです。

当然の事ながら、米国にあるサーバーは変更の日が違いますので、そちらも考慮します。ロシアは時間が違うが、日はヨーロッパと同じですね。

以上です。 分かりましたか。

多分、自分で考えながらじゃないと分かりません。

私も、今回EAを作るので、初めて、真剣に考えました。(^0^)


posted by 2chの人 at 02:04| Comment(0) | MT4 EAを使おうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。